​PCA(Positive Coaching Alliance)について

「Better Athlete, Better People」

​Positive Coaching Allianceとは?

​アメリカNPO法人Positive Coaching Allianceは、「Better Athletes, Better People」をスローガンとし、ワークショップやオンライン教育を中心に、指導者、保護者、アスリート、リーダーへと提供することで、ユース世代のスポーツ教育をPositive で選手の個性を育む環境へと変容させることを目指しています。

PCA創設者 ジム・トンプソン

元スタンフォード大学MBA 教授

2004 年アショカ・フェロー選出

PCAロゴ-iloveimg-converted-iloveimg-resize

1998年に創設されて以来PCAのワークショップの認定を受けたコーチから指導された子供の数は、19,200,000人(2020年現在)に上り、累計20000回以上のワークショップを実施しました。また、3500団体(少年スポーツ,学校,地域,学会,スポーツ施設)との提携を結んでいます。PCAのワークショップの認定を受けていないコーチでないと、参加できない試合があったり練習場所を借りることができなかったり、そもそもコーチとしてのライセンスを取得できないといったこともあります。

大きな社会的変革を生み出す団体を支援するASHOKAについて

米ワシントンに本部を置く世界最大の社会起業家ネットワーク。1980 年設立。世界39カ国に運営オフィスを持つ。「目の前に見える問題の解決ではなく、その問題を取り囲む複雑に絡み合った社会の構造的欠陥をつきとめ根本的に変えることが、国や大陸を超える大きな変革に繋がる」という構想の元、そのような変革を生み出す社会起業家(アショカ・フェロー)を見つけ出し、彼らの取り組みが加速するよう必要に応じて物心両面からの支援を行う。

2019年現在、世界3700人のアショカ・フェローを認定。「Everyone a Changemaker(誰もがチェンジメー カーである世界)」というビジョンの元、社会起業家の発掘・支援のほか、 若者チェンジメーカーが育つ環境づくりにも取り組んでいる。2011年、東アジア初の拠点としてアショカ・ジャパンを発足。

​スポーツで 人を育み 共に未来を創る
​NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ

Sports Coaching Lab.png
Coaching Camp.png
コーステロゴ② (1).png
PCAロゴ-iloveimg-converted-iloveimg-resize

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブでは、スポーツの価値を最大化し、人の可能性を高め、お互いに応援できる社会の実現に向けて、PCAワークショップの実施(ダブル・ゴール・コーチング/セカンド・ゴール・ペアレンツ)・コーチ達の学びの場の提供(スポーツコーチング・ラボ)縦断的なスポーツコーチの学びの場の提供(スポーツコーチング・キャンプ)・コーチングに関する情報のアップデートの場(コーチングステーション)といった事業を展開しています。

14日集合写真[1].jpg

PCA(Positive Coaching Alliance)
​ワークショップ各地開催中!

全国各地にて競技団体・企業スポーツ・地域スポーツクラブの皆様に

ダブル・ゴール・コーチングの体験型プログラムを実施しております。